宝塚歌劇団プロジェクト

~花組~蘭乃はなさん インタビュー<前編>
宝塚が大好き!プレッシャーもありますが精一杯頑張ります。

花組公演、ミュージカル「麗しのサブリナ」とショー「EXCITER!!」は、大好評のうちに宝塚大劇場での公演を終え、9月17日からは東京宝塚劇場で上演されます。ミュージカルでは、往年の大スター、オードリー・ヘプバーンの演じたサブリナ役をキュートに熱演し、ショーでは清楚で可憐な笑顔と華やかでエネルギッシュなダンスで客席を魅了する蘭乃はなさん。娘役新トップスターとして、初々しくも輝く入団5年目の蘭乃さんに役づくりや健康管理についてお話を伺いました。

花組の皆さんに支えられて務める舞台。感謝の気持ちで一杯です。

―宝塚歌劇との出会いや入団したきっかけについてお聞かせください。
中学生の頃、月組公演『愛のソナタ』のテレビ録画を見せてもらったのが宝塚歌劇との出会いです。とても素敵な世界で引き込まれました。東京宝塚劇場の杮落とし公演のため、通常と異なり東京で公演した後宝塚という順だったのですが、どうしても生の舞台で『愛のソナタ』が観たくて、母に頼み込んで宝塚大劇場に行かせてもらいました。本物の舞台はさらに素晴らしく大感動しまして、それから宝塚歌劇に足を運ぶようになりました。
小さな頃からバレエを習っていたせいでしょうか、客席で「あなたも受験するんでしょう?」と話しかけられ、自分も受験できるんだと気づかされたのが入団を考えるきっかけになりました。不思議なことに、双子の妹(宙組のすみれ乃麗さん)も別々に観ている時に同じことを言われていました。
―組替えにより入団5年目で花組のトップ娘役さんに。今の心境はいかがですか?
これまでいた月組のみんなと離れるのはとても淋しかったのですが、組替えとなった花組は、トップスターの真飛さんをはじめ皆さんが未熟な私を本当に温かく見守り、支えてくださるので、緊張しながらものびのびと舞台を務めさせていただいています。前作で退団された桜乃彩音さんとは『虞美人』東京公演をご一緒させていただけたので、ずっとステージ袖から見て勉強でき貴重な時間を過ごせました。「前を向いて、今できることを精一杯頑張って、舞台を楽しんでほしい」という桜乃さんの言葉を胸に刻んでいます。
真飛さんは、私にとっては挨拶をするのも緊張してしまうくらいのスターさんで雲の上の方でしたが、とても温かい方で、緊張をほぐしてくださるような優しい言葉をいつもかけてくださり、さりげない気配りで助けてくださいますので、本当に感謝しています。
―今回の公演の見どころや役創りの工夫は?
ミュージカルでは、これまで経験したことのない台詞の量と出演場面数で、こなすだけで精いっぱいなのですが、華やかで素敵な衣装に負けないように頑張っています。サブリナがパリ留学を経て帰郷する場面では、美しいレディに成長したサブリナの内面までを立ち居振る舞いだけで表現できればと大切に演じています。それから、恋しくてしかたのなかったデイビッドからライナスへと心が動いていく機微をしっかり演じようと心がけています。一番の見どころは、パリの生活に思いを馳せて、ライナス役の真飛さんと「ラ・ヴィ・アン・ロ-ズ」を現実と幻想の間で幸せな気持ち一杯で歌わせていただく場面でしょうか。
ショーでは男役さんの真ん中で踊るシーンが2度あります。男役さんの迫力に負けないように気合いを入れて、これまで培ってきたすべてをぶつける思いで踊っています。銀橋ではウインクを飛ばしたりもしているのですが、お客様が「えっ?今ウインクしたよね?」というような驚きのリアクションをしてくださることもあるので楽しいです(笑)。

 「ごはん」なしの生活は考えられません。いつでもどこでも、元気の源はごはんです。

―ハードな舞台を元気に務めるために、心がけていることはありますか?
やはり健康あっての舞台だと思いますので、よく眠り、よく食べることでしょうか。公演中の睡眠時間は7時間はとるように心がけています。食生活については、学生時代は母が朝食や夕食はもちろん、お昼もしっかりしたお弁当を用意してくれていたので、実家を離れた今も朝食と夕食は自分で作って必ず食べています。大根やじゃがいもなどの野菜をたくさん入れたお味噌汁と焼き魚といったシンプルなメニューが多いですね。もちろんごはんは欠かせません。この「ごはん中心の食生活」こそが忙しい毎日を支え、元気の源になっていると感じます。きちんとした食生活を習慣づけてくれた母に心から感謝しています。
次回も引き続き、蘭乃はなさんに語っていただきます。目指す娘役像や“こころにおいしいごはん”についてお聞きします。

蘭乃はな Hana Ranno

東京都出身。2006年『NEVER SAY GOODBYE』で初舞台。同年月組に配属。
2008年『ME AND MY GIRL』新人公演では、財産目当てに主人公を誘惑する令嬢役を奔放に演じコケティッシュな魅力を振りまいた。同年『夢の浮橋』で新人公演初ヒロイン。2009年『エリザベート』では妖艶な天使役を演じ、しなやかなダンスで客席を魅了。2010年2月のバウホール公演『HAMLET!!』で初ヒロインを務め、恋人の心変わりに悩むオフィーリアを熱演した。同月花組に組替え。4月東京宝塚劇場公演『虞美人』を経て、7月『麗しのサブリナ』でトップスター真飛聖の相手役に。清楚かつ華やかな魅力で客席を魅了する期待のトップ娘役である。

宝塚スターへのメッセージ

応援メッセージはコチラから
  • おいしいごはんを食べよう県民運動からのお知らせコーナー
  • 宝塚歌劇団プロジェクト
  • 保田先生のごはん塾
  • 今までの活動
  • おいしいごはんを食べよう県民運動
  • リンク集
     ※当ウェブサイトは「リンクフリー」です。