宝塚歌劇団プロジェクト

~花組~蘭乃はなさん インタビュー<後編>
楽しくみんなと話しながらいただく食事こそ“こころにおいしいごはん”です。

9月17日から東京宝塚劇場で上演中のミュージカル「麗しのサブリナ」とショー「EXCITER!!」では、タイトルロールのサブリナ役をキュートな魅力で熱演する一方、華やかでエネルギッシュなダンスでも魅了している蘭乃はなさんに、今後目指す娘役像や“こころにおいしいごはん”についてお話を伺いました。



兵庫県産のお米、おいしいです!

―今回の公演のみどころなど教えてください。
演出の先生が意図されているとおり、さよならを誇張するのでなくこれから先に続いていくという明るい気持ちでやっていますし、とても勢いのあるショーになっていると思いますので、そのあたりをご覧いただきたいです。 お芝居ではダンスの名手フレッド・アステアの姉アデール・アステア役をさせていただいております。少しですがフレッド役の宇月颯さんとのダンスシーンがありますのでご覧いただきたいです。
―新人公演では今回もヒロイン役をされましたがいかがでしたか?
前回の新人公演では、とにかく蒼乃さんに近づきたいと必死だったのですが、今回は蒼乃さんからのアドバイスもあり、頼らず自分で創り上げることに挑戦してみました。東京公演では、宝塚で見えた課題をクリアできるように、さらに頑張りたいと思いますので、ぜひ観にいらしてください。
―どんな娘役を目指していきたいですか?
昨年の春までは男役をしていましたので、今は、娘役らしさということを日々模索し続けている段階で、明確に言葉にできないのですが、宝塚の娘役は、より女性らしく存在してこそ成り立つ部分もあるので、所作事はもちろんですが、普段から娘役を意識して過ごしていきたいと思っています。 舞台では素直な気持ちを忘れずに取り組んでいきたいですし、娘役にも真っ直ぐな気持ちで向き合いたいと考えています。 また、男役をやっていた自分にしか出せないこともあるように思うので、それは生かして、個性にしていけたらいいなと思います。
 

宝塚が大好き。男役さんも自分も輝けるような伝統的な娘役に憧れます。

―今後の抱負などをお聞かせください。
今回の公演で大好きな霧矢さんと蒼乃さんが退団されるのが悲しくてしかたないのですが、いらっしゃる間にできるだけ沢山学んで、自分もこれからは微力でも月組の戦力になれるように頑張っていきたいと思っています。そして何よりもお客様にお楽しみいただけるよう、日々精進したいと思います。

宝塚が大好き。男役さんも自分も輝けるような伝統的な娘役に憧れます。


―大好きなごはんと一緒に食べたいものは?
福井県は越前がにを始め新鮮な魚介類にも恵まれているのですが、実は小さな頃に食べすぎたせいか、今はあまり食べたいと思わなくなっているんです(笑)。ごはんと一緒に食べたいのは、高級なものよりもお味噌汁と卵焼きといったシンプルな取り合わせですね。それに母が作る野菜の煮物が加われば最高です。
―ゴーゴーご組の会員にメッセージをお願いします。
いろいろな方に宝塚歌劇をご覧いただきたいという願いがあります。私達の舞台が皆様のエネルギー源になれたらいいなと思っています。そう、ごはんと同じように(笑)。 もし、観劇を迷われているお客様がいらしたら、勇気を出してぜひ一度観にいらしてください。きっと気に入っていただけると思います。私も最高の舞台をお見せできるよう、精進してまいります。お待ちしております!

蘭乃はな Hana Ranno

福井県出身。2009年『Amour それは・・・』で初舞台。同年月組に配属。2010年 『THE SCARLET PIMPERNEL』ではルイ・シャルル役に抜擢、運命に翻弄される少年 王子を好演し話題を呼んだ。同年9月上演の『ジプシー男爵』では、龍真咲に想 いを寄せるヴィオルカ役で初めて娘役を演じた。2011年1月のバウホール公演『Da ncing Heroes!』では、赤い靴に操られる少女を見事なダンス表現で魅せた。同 年5月娘役に転向。以後、7月大劇場公演『アルジェの男』で新人公演初ヒロイン、11月バウホール・日本青年館公演『アリスの恋人』でヒロインのアリス役、2012 年2月宝塚大劇場公演『エドワード8世』で新人公演ヒロインと抜擢が続いている。 清楚で可憐な持ち味と舞台への真摯な姿勢が印象的な期待の娘役である。

宝塚スターへのメッセージ

応援メッセージはコチラから
  • おいしいごはんを食べよう県民運動からのお知らせコーナー
  • 宝塚歌劇団プロジェクト
  • 保田先生のごはん塾
  • 今までの活動
  • おいしいごはんを食べよう県民運動
  • リンク集
     ※当ウェブサイトは「リンクフリー」です。